伝承折り紙、鳩の折り方を解説〜How to make Dove with Origami

はじめに

今回は伝承折り紙、鳩の折り方を解説していきます。

Wikipediaより引用
画像を探していて知ったのですが我々がいつも見ていると思われるこの鳩はカワラバトというそうです。奥が深い。

伝承折り紙とは?

伝承折り紙とは時代を越えて受け継がれてきた作品のことです。いつどこで誰が最初に考案したのかわからかくなってしまったほど歴史のあり、尚且つ普及している作品です。

鳩の折り方

写真のように半分に折ります(以下、説明の下に写真を貼ります)

3分の1くらいのところで2枚とも折ります(だいたいで大丈夫です)

今度は上の一枚だけをまた三分の一くらいのところで折ります

定規の線で半分に折ります

羽となる部分を斜めに折りあげましょう

逆側も(少しずらすと良いかもしれません)

最後に「中わり折り」で頭を作ります

出来上がり!

中わりおりとは?

角をおって折り筋をつけます

手前につけた折り筋で奥にも折っておきます

広げて…

中央の線を軽く押しながら、両側の線を合わせます

これが中わりおりです。動物の頭などを作るときによく使うので覚えておきましょう!

参考文献

『英訳付き 伝承折り紙帖 Origami Booklet Traditional Edition』(小林一夫 監修)を参考にしています。24種類の風情ある江戸千代紙付きなのでおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です