Netflix映画、『僕のミッシー』~あらすじ、キャスト、感想

はじめに

今回はNetflix映画、タイラー・スピンデル監督の『僕のミッシー』のあらすじ、キャスト、感想などを書いていきたいと思います。

『僕のミッシー』

あらすじ

ティムは空港で会った女性(ミッシー)に一目惚れし、やっとの思いで連絡先を聞き出すことができた。その後、ティムはミッシーとメールでのやり取りを重ね、ハワイへの社員旅行に同行してもらえることになった。いつになくウキウキしていたティムだったが、出発当日、飛行機に姿を見せたのは別のミッシーであった。ティムはアドレスを勘違いし、ミッシー(間違い)を口説いてしまったのである。

ティムはミッシー(間違い)のせいで酷い目に遭わされたことがあった。かつて、ティムはミッシー(間違い)とブラインドデートをした際に、彼女のエキセントリックな行動に振り回されたのである。こうして、ティムが楽しみにしていた社員旅行は一瞬にして地獄へと変貌した。 (Wikipediaより引用)

キャスト

デヴィッド・スペード…ティム・モリス

ローレン・ラプカス…ミッシー(間違い)

モリ―・シムズ…ミッシー(本物)

ジェフ・ピアソン…ジャック・ウィンストン

サラ・チョーク…ジュリア

ニック・スウォードソン…ネイト

ロマン・レインズ…ゲイリー

ロブ・シュナイダー…コマンテ

ホルヘ・ガルシア…飛行機の客

ヴァニラ・アイス…本人

感想

ストーリーの流れはベタ中のベタ。

いい感じの女性を一緒に旅行に連れていこうと思ったら同じ名前の別のエキセントリックな女性を連れてきてしまう。彼女に困らされているうちに何だかんだ仲良くなり喧嘩もし、最終的には和解してラブラブに…。

エキセントリックな方のミッシーは常識知らずで下品なのだがたまに皆が言いにくいことをスパッと言ってしまうから困る。「ああ、こんな人いるよね〜」とはなります。

ネットフリックスでの日本での視聴数一位になっていた映画なのですが正直「なぜそこまで?」とは思ってしまいます。なんでここまで人気なんだ?

ハワイの雰囲気はとても良い。あまり外出出来ないご時世なので、旅行気分を味わえて馬鹿馬鹿しくて笑えてくる明るい気分にさせてくれる映画ではあります。時間ある方は是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です