コート―ルド美術館の作品解説~エドゥアール・マネの『フォリー=ヴェルジェ―ルのバー』

はじめに

今回はコート―ルド美術館所蔵、エドゥアール・マネの『フォリー=ヴェルジェ―ルのバー』を解説していきます。

コートルード美術館、Wikipediaより引用

マネとは?

マネとは?

エドゥアール・マネ(Édouard Manet 1832~1882)は、19世紀のフランスの画家です。

聖書や神話などの「架空の世界」を「三次元」で「もっともらしく」描く従来の絵画とは異なり、「現代生活」を題材に「絵画の二次元性を追究」したことで知られており、印象派やキュビズムを始めとした近代絵画への扉を開いた人物として重要視されています

印象派の画家達を経済的にも支援するなど、直接的にも彼らに影響を与えていることでも知られています。

アンリ・ファンタン=ラトゥールの『バティニョールのアトリエ』(1870 オルセー美術館所蔵)には、マネのアトリエに、印象派の画家であるルノワール、バジール、モネらが集う様子が描かれています。

『バティニョールのアトリエ』(アンリ・ファンタン=ラトゥール、1870 オルセー美術館所蔵)
座って絵を描いているのはマネ、マネの右側に立ち前で手を合わせている帽子をかぶった人物がルノワール(ちなみにそのすぐ右側にいるのは小説家のエミール・ゾラ)。
画面右側で後ろで手を合わせ、キャンバスを見ているのがバジール。画面最右で半身だけ描かれているのがモネです。

マネの作品の特徴

彼の絵画の特徴は「リアルさ」を追求している点です

ここで言う「リアルさ」とは「絵を写真の様に正確に描く」というより、「人々の生活をリアルに描く」という意味です。

聖書や神話といった高尚と見なされていたものよりも、娼婦や疎遠な人間関係など、当時のパリで顕在化しつつあった社会問題などが主なモチーフとなります

遠近感を廃し、コントラストの強い色を平面に用い輪郭線を強調する技法など、日本の版画の影響が見られるのも特徴の一つです

マネの代表的作品

『草上の朝食』(オルセー美術館所蔵)
裸の女性のモデルは、マネが好んで使っていたヴィクトリーヌ・ムーランだと言われている。
『オランピア』(オルセー美術館所蔵)
ティッツィアーノやゴヤの裸体画から受け継がれてきた西欧の様々なヴィーナス像の延長線上にある本作品。
神話や文学的な口実をはぎ取られた娼婦の絵は当時の美術界に強烈な拒否反応を巻き起こした。
『笛を吹く少年』(オルセー美術館所蔵)
単純で平坦な背景処理はベラスケスの影響だと言われています。奥行を排した二次元的で明るい画面は当時としては斬新でした。

マネとスペイン絵画

1860年代前半のマネの作品の多くはスペイン絵画からの影響が見られます。

『ラス・メニーナス(女官たち)』(ベラスケス、1559~1660年、プラド美術館)

1865年のスペインした、簡素な構成、簡潔なを用いた色彩や光の表現法など、ベラスケスやゴヤの絵画に示される「軽み」はらマネが追求する「モデルニテ」を描き出すための大きなヒントとなりました。

『フォリー・ベルジェールのバー』解説

1881年、マネは生涯最後の大作となる本作の制作に取りかかります。

舞台はパリ随一の人気を誇るカフェ・コンセール「フォリー=ベルジェール」で繰り広げられる歓楽の一夜

フォリー=ベルジェール劇場内部

マネが作品の主役に据えたのは舞台でスポットを浴びる踊り子や女優、享楽に身をゆだねるブルジョワたちではなく、一人の給仕娘でした

病を得てなお光を含んだ筆のタッチは冴えわたり、まるでスナップ写真のように都会の夜の瞬間をとらえています

『フォリー=ベルジェールのバー』(1881-2年、コート―ルド美術館所蔵)

本作はサロンに出品され大絶賛を受けました。

実在の給仕娘

モデルはこのカフェで働いていたシュゾンという娘

かなり衰弱していたマネはアトリエに急遽しつらえたバー・カウンターに彼女をたたせ制作を進めたと言われています。

ブランコ乗り

画面左上方には演技途中のブランコ乗りの緑の靴を履いた足だけが描かれています。

しかし、シャンデリアのまばゆい光の中では誰一人として気に留めておらず、中上層市民と労働者階級を分かつ壁が描き出されています

静物画家としての魅力

大理石のバーカウンターに置かれた酒瓶やオレンジ、ガラス瓶に挿されたバラの花はそれぞれの色彩が響き合い、この作品の魅力を一層高めることに成功しています

特に、給仕娘の服とオレンジのコントラストは見事で、賑やかな世界から隔絶された娘の孤独感が漂っています。

『花瓶の中のボタン』(1864-65年、オルセー美術館所蔵)

参考文献

画家大友義博

『一生に一度は見たい西洋絵画 BEST100』(大友義博)

美術に苦手意識がある人はこの本から読みましょう。

『美術館の舞台裏』の著者高橋明也

『もっと知りたい マネ 生涯と作品』(高橋明也)

マネという画家、そしてその周辺の人々についてもっと詳しく知りたくなった方は読んでみて下さい。

西洋美術史の木村泰司

『印象派という革命』(木村泰司)

印象派の画家達について解説。交流関係など、ストーリー性があって読みやすいです。

オルセー美術館展 図録

『オルセー美術館展 図録』 2014年

2014年に開かれたオルセー美術館展の図録。もっと詳しく知りたい方は手に取ってみて下さい