百人一首No50『君がため惜しからざりし命さへ』解説〜作者、意味・現代語訳、品詞分解

はじめに

今回は百人一首のNo50『君がため惜しからざりし命さへ長くもがなと思ひけるかな』を解説していきます。

『君がため惜しからざりし命さへ長くもがなと思ひけるかな』解説

作者は?

この歌の作者は藤原義孝(よしたか)(954〜974)。名筆家、三蹟の一人、藤原行成の父です。

天然痘のため二十一歳の若さで死去しました。熱心な仏教徒ぇ、その信仰心を伝える逸話が数多く残されています。

意味・現代語訳は?

『君がため惜しからざりし命さへ長くもがなと思ひけるかな』の意味・現代語訳は以下のようになります。

「あなたのためにはたとえ捨てても惜しくないと思っていた命までも、逢瀬を遂げた今となっては、長くありたいと思うようになったのだった」

感想

詞書には「女のもとより帰りてつかはしける」とあり、逢瀬の翌朝に男から女のもとに贈った歌だと考えられます。

実際に恋が成就するまでは燃え上がっていたのに、いざそうなってしまうと急に冷めてしまうパターンもあれば、この歌のようにより一層相手への気持ちが強くなる場合もあるでしょう。出来るだけ後者の側でありたいものですね。

品詞分解は?

①君がため

君…名詞

が…格助詞

ため…名詞

②惜しからざりし

惜しから…形容詞シク活用の未然形

ざり…打消の助動詞の連用形

し…過去の助動詞の連体形

③命さへ

命…名詞

さへ…副助詞

④長くもがなと

長く…形容詞ク活用の連用形

もがな…願望の終助詞

と…格助詞

⑤思ひけるかな

思ひ…ハ行四段活用の連用形

ける…詠嘆の助動詞の連体形

かな…終助詞

参考文献

この記事は『シグマベスト 原色百人一首』(鈴木日出夫・山口慎一・依田泰)を参考にしています。

百人一首の現代語訳、品詞分解も載っています。勉強のお供に是非。