ゴッホ美術館の作品解説~ゴッホの『ひまわり』

はじめに

今回はゴッホ美術館所蔵、ゴッホの『ひまわり』について解説していきます。

ゴッホ美術館、Wikipediaより引用

ゴッホとは?

ゴッホとは?

フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ(1853-1890)は、オランダのポスト印象派の画家です

主要作品の多くは1886年以降のフランス居住時代、特にアルル時代とサン=レミでの療養時代に制作されました。

感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表する画家です。 

ポスト印象派とは?

ポスト印象派 または、ポスト印象主義は、印象派の後に、フランスを中心として主に1880年代から活躍した画家たちを指す便宜的な呼称です

この区分は印象派に対する態度によるものであることから、様式的な共通性は希薄であり、それぞれの画家の画風は大きく異なるります。

代表的な画家はゴッホ、ゴーギャン、セザンヌなどです

『リンゴとオレンジのある静物』(セザンヌ、1895-90年、オルセー美術館所蔵)
『我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか』(ゴーギャン、1897-98年、ボストン美術館所蔵)

セザンヌとゴーギャンについてはこちらも参照してください↓

ゴッホの特徴

ゴッホがそれまでの印象派と大きく異なったのは、色彩を光の表現だけでなく、ッ感情を表現するものと考えたことです。

ゴッホは向日葵を見ても星空を見ても、そこに人間的な感情を感じ取り、色彩や形やタッチでそれを表現しようとしました。印象派は自分の目に映ったままを表現しようとしましたが、ゴッホはそこに自らの感情を投影しようとしたのです

『ひまわり』連作

1882年2月、ゴッホはパリから南フランスのアルルに移ります。パリに住んでいたころから日本へのあこがれを抱いていたゴッホは、アルルの澄んだ空気、きれいな水、黄色く輝く太陽をまるで日本の様だと感じたようです。

1888年、個人像

同年8月、ゴッホは『ひまわり』の連作を描き始めます。遅れてこの地にやってくる画家仲間、ゴーギャンの部屋を飾るためです。

1888年、滅失
1888年、ノイエ・ピナコテーク所蔵
1888-89年、ロンドンナショナルギャラリー所蔵
1889年、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館所蔵
1889年、ファン・ゴッホ美術館所蔵
1889年、フィラデルフィア美術館所蔵

『ひまわり』解説

ゴッホは37歳で命を絶つまで、花瓶に挿された「ひまわり」を7点(現存するのは6点)描きあげました。

ゴッホの激しく短い生涯から、「ひまわり」は自分自身を象徴していると言われています。

『ひまわり』(1889年、ゴッホ美術館所蔵)

本作はゴッホの絶頂期と言われるアルル時代の作品で、ゴッホの大きな特徴である厚塗り技法が用いられています

うねるような筆遣いにより、逞しさと強い生命力がひまわりに宿り、その力強さは観る者を圧倒します

参考文献

画家大友義博

『一生に一度は見たい西洋絵画 BEST100』(大友義博)

美術に苦手意識がある人はこの本から読みましょう。

東京藝術大学 秋元雄史

『武器になる知的教養 西洋美術鑑賞』(秋元雄史)

西洋美術の知識が少ない人はまずこの本から読みましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です