百人一首No.15『君がため春の野に出でて若菜つむ』解説〜意味は?品詞分解は?

はじめに

今回は百人一首のNo.15『君がため春の野に出でて若菜つむわが衣手に雪は降りつつ』の解説をしていきたいと思います。

Unicode

『君がため春の野に出でて若菜つむ』解説

作者は?

この歌の作者は光孝天皇(830〜885)。第五十八代天皇です。藤原基経に推されて、陽成天皇の後をついで即位しました(ちなみに、陽成天皇の歌も百人一首No.13に収録されています)。鷹狩や相撲を好み、和歌や和琴に秀でていたと言われています。

意味は?

『君がため春の野に出でて若菜つむわが衣手に雪は降りつつ』の意味は以下のようになります。

「あなたのために、春の野に出かけていって、若菜を摘んでいる私の袖に、雪が次から次へと降りかかってくるのだ」

品詞分解は?

①君がため

君…名詞

が…格助詞

ため…名詞

ここでの「君」は若菜を贈る相手

②春の野に出でて

春…名詞

の…格助詞

野…名詞

に…格助詞

出で…ダ行下二段活用の連用形

て…接続助詞

③若菜つむ

若菜…名詞

つむ…マ行四段活用の連体形

「若菜」は春になって萌え出た食用・薬用の草の総称です(セリ・ナヅナ・ツクシなど)。古くから新春にそれらを食すると、邪気を払い病気を除くと考えられ、宮中でも「若菜の節会」として、新年の一月七日に七種の若菜を食して長寿を祈ったそうです。

④わが衣手に

わ…代名詞

が…格助詞

衣手…名詞

「衣手」は袖の歌語(和歌のみで使われる言葉)。

⑤雪は降りつつ

雪…名詞

は…係助詞

降り…ラ行四段活用の連用形

つつ…接続助詞

参考文献

この記事は『シグマベスト 原色百人一首』(鈴木日出夫・山口慎一・依田泰)を参考にしています。

百人一首の現代語訳、品詞分解も載っています。勉強のお供に是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です