百人一首No.67『春の夜の夢ばかりなる手枕に』解説〜意味・現代語訳、品詞分解(掛詞)

はじめに

今回は百人一首のNo.67『春の夜の夢ばかりなる手枕にかひなく立たむ名こそ惜しけれ』を解説していきます。

『春の夜の夢ばかりなる手枕にかひなく立たむ名こそ惜しけれ』解説

作者は?

この歌の作者は周防内侍(すおうのないし)。十一世紀後半の人で本名は平仲子。

後冷泉天皇以下四代の宮廷に仕え、当時の多数の歌合に参加しました。

意味・現代語訳は?

『春の夜の夢ばかりなる手枕にかひなく立たむ名こそ惜しけれ』の意味は以下のようになります。

「春の夜の夢ほどの、はかないたわむれの手枕のために、何のかいもない浮名が立ったとしたら、なんとも口惜しいことです」

この歌は個人的に大好きです。

「手枕」とは腕を枕にすること。多くは男女共寝の相手の場合に言います。なんともロマンチックでかわいらしい言葉じゃありませんか。

実はこの歌の背景も甘美なんです。

二条院で人々が夜通し物語などをしていたときに、周防内侍が物に寄り臥して、「枕が欲しいものです」とそっとつぶやいたところ、それを聞いた藤原忠家が「これを枕に」と言って自分の腕を御簾の下からそっと差し出したそうです。その返答としてこの歌が詠まれました。こんなお洒落ないなしかたがあったでしょうか笑

「手枕」「春の夜」などいかにも桜の咲いた宮廷の夜のワンシーンが思い浮かべられる歌となっています。

品詞分解は?

①春の夜の

春…名詞

の…格助詞

夜…名詞

の…格助詞

②夢ばかりなる

夢…名詞

ばかり…副助詞

なる…断定の助動詞の連体形

③手枕に

手枕…名詞

に…格助詞

④かひなく立たむ(掛詞)

かひなく…形容詞のク活用の連用形、「甲斐なく」と「かひな(腕)」の掛詞

立た…タ行四段活用の未然形

む…仮定・婉曲の助動詞の連体形

⑤名こそ惜しけれ

名…名詞

こそ…係助詞

惜しけれ…形容詞のシク活用の已然形、「こそ」を受けて已然形になっています

参考文献

この記事は『シグマベスト 原色百人一首』(鈴木日出夫・山口慎一・依田泰)を参考にしています。

百人一首の現代語訳、品詞分解も載っています。勉強のお供に是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です