百人一首No27『みかの原わきて流るる泉川』解説〜作者は?現代語訳・意味は?品詞分解は?

はじめに

今回は百人一首のNo27『みかの原わきて流るる泉川いつ見きとてか恋しかるらむ』を解説していきます。

『みかの原わきて流るる泉川いつ見きとてか恋しかるらむ』解説

作者は?

作者は藤原兼輔(ふじわらのかねすけ)。紫式部の曽祖父で三十六歌仙の一人です。

賀茂川の堤に邸宅があったことから「堤中納言」と呼ばれていました。

意味・現代語訳は?

『みかの原わきて流るる泉川いつ見きとてか恋しかるらむ』の意味・現代語訳は以下のようになります。

「みかの原を二分するように、湧き出てくるように流れる泉川ではないが、いったいいつ逢ったというので、こうも恋しいのだろう」

ただ単に「好き!好き!」と言うよりも、「いったいなぜこんなに恋しいのだろう」と言った方がお洒落で大人っぽい。スマートな歌ですね。

品詞分解(掛詞)は?

①みかの原

みかの原…固有名詞、京都府の現木津川市を流れる木津川の北側の一帯です。

②わきて流るる(掛詞)

わき…カ行四段活用の連用形、「分き」と「湧き」の掛詞となっています

て…接続助詞

流れる…ラ行下二段活用の連体形

③泉川

泉川…固有名詞、現在の木津川です

④いつ見きとてか

いつ…代名詞

見…マ行上一段活用の連用形

き…過去の助動詞の終止形

とて…格助詞

か…係助詞

⑤恋しかるらむ

恋しかる…形容詞シク活用の連体形

らむ…推量の助動詞の連体形

序詞は?

この歌では、「みかの原わきて流るる泉川」が、「いつ見」の序詞となっています。「泉川」と「いつ見」を並べることで音の流れが滑らかになっています

縁語は?

この歌では「わき」の「湧く」が、「泉川」の「泉」の縁語となっています。

参考文献

この記事は『シグマベスト 原色百人一首』(鈴木日出夫・山口慎一・依田泰)を参考にしています。

百人一首の現代語訳、品詞分解も載っています。勉強のお供に是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です