百人一首No82、道因法師思ひわびさても命はあるものを』解説〜意味は?

はじめに

『思ひわびさても命はあるものを憂きにたへぬは涙なりけり』

『思ひわびさても命はあるものを憂きにたへぬは涙なりけり』解説

作者は?

この歌の作者は道因法師(1090〜1182)。俗名藤原敦頼。

歌道への思いが強く、『千載集』に多くの歌が掲載されたのを喜び、撰者である俊成(No83に歌が掲載)の夢に現れたという逸話が残ります。

俊成

意味は?

『思ひわびさても命はあるものを憂きにたへぬは涙なりけり』の意味は以下のようになります。

「つれない人ゆえに思い悩んで、それでも命はこうしてあるものなのに、そのつらさに堪えないでこぼれ落ちるのは涙だったよ」

品詞分解は?

①思ひわび

思ひわび…バ行上二段活用の連用形、自分につれない相手に対して思い悩む気持ちを表す動詞です。

②さても命は

さても…副詞、「そうであっても」の意味

命…名詞

は…係助詞

③あるものを

ある…ラ行変格活用の連体形

ものを…接続助詞

④憂きにたへぬは

憂き…形容詞ク活用の連体形

に.,.格助詞

たへ…ハ行下二段活用の未然形

ぬ…打ち消しの助動詞の連体形

は…係助詞

⑤涙なりけり

涙…名詞

なり…断定の助動詞の連用形

けり…詠嘆の助動詞の終止形

参考文献

この記事は『シグマベスト 原色百人一首』(鈴木日出夫・山口慎一・依田泰)を参考にしています。

百人一首の現代語訳、品詞分解も載っています。勉強のお供に是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です