百人一首No68『心にもあらでうき世にながらへば』解説〜意味、品詞分解

はじめに

今回は百人一首のNo68『心にもあらでうき世にながらへば恋しかるべき夜半の月かな』を解説していきます。

『心にもあらでうき世にながらへば恋しかるべき夜半の月かな』解説

作者は?

この歌の作者は三条院(976〜1017)。第六十七代天皇です。

長い東宮時代を経て即位しましたが、在位5年で藤原道長の孫にあたる後一条天皇に譲位し、その翌年に崩御しました。

意味は?

『心にもあらでうき世にながらへば恋ゆえしかるべき夜半の月かな』の意味は以下のようになります。

「心ならずも、このつらくはかない世に生きながらえていたならば、きっと恋しく思い出されるにちがいない、この夜ふけ月であるよ」

品詞分解は?

①心にも

心…名詞

に…断定の助動詞の連用形

も…係助詞

②あらでうき世に

あら…ラ行変格活用の未然形

で…接続助詞

うき世…名詞

に…格助詞

③ながらへば

ながらへ…ハ行下二段活用の未然形

ば…接続助詞

④恋しかるべき

恋しかる…形容詞シク活用の連体形

べき…推量の助動詞の連体形

⑤夜半の月かな

夜半…名詞

の…格助詞

月…名詞

かな…終助詞

参考文献

この記事は『シグマベスト 原色百人一首』(鈴木日出夫・山口慎一・依田泰)を参考にしています。

百人一首の現代語訳、品詞分解も載っています。勉強のお供に是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です