百人一首No71『夕されば門田の稲葉おとづれて』解説〜作者、意味、品詞分解

はじめに

今回は百人一首No71『夕されば門田の稲葉おとづれて芦のまろやに秋風ぞ吹く』を解説していきます。

『夕されば門田の稲葉おとづれて芦のまろやに秋風ぞ吹く』解説

作者は?

この歌の作者は大納言経信(だいなごんつねのぶ)(1016〜1097)。源経信です。

和歌・詩文・管弦にすぐれ、有職故実にも詳しく、その多芸多才ぶりは藤原公任(No55)と比較されました。

意味・現代語訳は?

『夕されば門田の稲葉おとづれて芦のまろやに秋風ぞ吹く』の意味・現代語訳は以下のようになります。

「夕方になると、門前の田の稲葉を、そよほよと音をさせて、芦ぶきの山荘に秋風が吹きわたってくることだ」

品詞分解は?

①夕されば

夕…名詞

され…ラ行四段活用の已然形、「移り変わる」の意味

ば…接続助詞

②門田の稲葉

門田…名詞、屋敷のまわり、特に門の前にある田地

の…格助詞

稲葉…名詞

③おとづれて

おとづれ…ラ行下二段活用の連用形、「音をたてる」の意味

て…接続助詞

④芦のまろやに

芦…名詞

の…格助詞

まろや…名詞、芦で葺いた粗末な仮小屋

に…格助詞

⑤秋風ぞ吹く

秋風…名詞

ぞ…係助詞

吹く…カ行四段活用の連体形、「ぞ」を受けて連体形になっています

参考文献

この記事は『シグマベスト 原色百人一首』(鈴木日出夫・山口慎一・依田泰)を参考にしています。

百人一首の現代語訳、品詞分解も載っています。勉強のお供に是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です