種子島の見どころを紹介〜鉄砲伝来、宇宙センター、食事

はじめに

今回は種子島を、鉄砲伝来、宇宙センター、食事の3つのポイントから紹介していきたいと思います。

種子島

鉄砲伝来

種子島は日本に鉄砲が伝来した場所として知られています。

16世紀にポルトガルから種子島に鉄砲が伝わりました。その鉄砲制作にともない発展した鍛冶技術は、その後も鉄砲だけでなく、種鋏などの伝統産業の礎となったといわれています。

愛知万博で展示された種子島の火縄銃

なんと種子島には「鉄砲館」という博物館もあります!コンシェルジュによる案内も行っている様ですよ!

宇宙センター

島の南部に位置する宇宙センターは、その美しい景観から、世界一美しい発射場といわれています。

宇宙科学技術館という一般向けの資料館もあります。基本的には年末年始を除いて開業。のんびり見学するのも楽しそうですね。

食事

黒潮が種子島に豊かな魚介類をもたらします。

さらには、米やお茶、柑橘類やマンゴー、バナナなど多岐に渡る食材が栽培されています。

豊かな自然が豊かな食材をもたらす

ぞうりエビ、きびなご、タケンコ、安納いも、黒豚、インギー地鶏、そして芋焼酎…

名前を聞くだけでワクワクしてくる食材が目白押しです。

基本情報

アクセス

鹿児島空港から飛行機で約40分。または、鹿児島港から高速船で約1時間35分。

鹿児島空港

台風情報など要チェック!

面積・海岸線

面積が約445㎢。海岸線は約170㎞。

人口

約2万8000人。

終わりに

火縄銃の伝来、宇宙センター、そして豊かな食材と歴史、英知、美味を満喫するのにぴったりなスポットですね。

是非、種子島に足を運んでみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。