百人一首No.79『秋風にたなびく雲の絶え間より』解説〜意味・現代語訳、品詞分解(修辞法)

はじめに

今回は百人一首のNo.79『秋風にたなびく雲の絶え間よりもれ出づる月の影のさやけさ』を解説していきます。

『秋風にたなびく雲の絶え間よりもれ出づる月の影のさやけさ』解説

作者は?

この歌の作者は左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)(1090〜1155)。藤原顕輔です。

崇徳院(No.77に歌が掲載)の命令で『詞花集』を撰進しました。

意味・現代語訳は?

『秋風にたなびく雲の絶え間よりもれ出づる月の影のさやけさ』の意味・現代語訳は以下のようになります。

「秋風によってたなびいている雲の切れ間から、もれさしてくる月の光の、なんとくっきり澄みきっていることよ」

秋の澄みきった空気の夜、月の光がすっと見えた瞬間の風情が表現されていますね。

品詞分解(修辞法)は?

①秋風に

秋風…名詞

に…格助詞

②たなびく雲の上の

たなびく…カ行四段活用の連体形

雲…名詞

の…格助詞

③絶え間より

絶え間…名詞

より…格助詞

④もれ出づる月の

もれ出づる…ダ行下二段活用の連体形

月…名詞

の…格助詞

⑤影のさやけさ(体言止め)

影…名詞

の…格助詞

さやけさ…名詞、体言止めとなっています

参考文献

この記事は『シグマベスト 原色百人一首』(鈴木日出夫・山口慎一・依田泰)を参考にしています。

百人一首の現代語訳、品詞分解も載っています。勉強のお供に是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です