奈良、唐招提寺の見どころ〜歴史、鑑真、金堂、戒壇

はじめに

今回は奈良県、唐招提寺の見どころを紹介していきます。

読み方は?

唐招提寺は「とうしょうだいじ」と読みます。

唐招提寺 見どころ

歴史

はじまりは?

唐招提寺は唐から来日した鑑真によって759年に建立されました。

鑑真

鑑真による授戒の始まり

鑑真は754年に奈良に着くと、東大寺の大仏殿前に戒壇を設立し、聖武天皇(当時は上皇)ら約440人に戒を授けます。これが日本における正式な授戒の始まりです。

聖武天皇

唐招提寺=研究道場

その後、鑑真は759年に朝廷から新田部親王(にいたべしんのう)の旧宅を拝領し、そこに戒律を研究するための道場を開き、多くの僧侶に戒律実践の基礎を教えました。

こうして唐招提寺が誕生し、1900年に律宗の総本山となり今に至ります。

シンボルの金堂

唐招提寺のシンボルとも言える金堂は創建当時の遺構で、奈良時代の金堂としては唯一のものです。

金堂

堂内には本尊の廬舎那仏坐像、日本最古であり最大の千手観音像、薬師如来像など貴重な寺宝が数多く収蔵されています。

廬舎那仏坐像
千手観音像

エリート僧養成場、戒壇

金堂に加えてもう一つ見ておきたいのが戒壇です。戒壇とは僧侶になるための授戒式が行われる場所のことで、この戒壇から多くの僧侶が輩出されることになりました。

創建当時に築かれた戒壇を覆う建物は火災で失われてしまい、現在は地面の上にむき出しになった石壇と1980年に築かれた白い宝塔しか残っていませんが、是非その歴史に想いを巡らせてみてはいかがでしょうか。

戒壇

参考文献

この記事は『日本の古寺101選』(廣澤隆之監修)を参考にしています。

お寺に興味のある方はもちろんですが、旅行が好きな方も事前に読んでおくと、旅がぐっと豊かなものになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です