ショパン『バラード』第1番を解説〜成立、「バラード」とは?

はじめに

今回はショパンの『バラード』第1番を解説していきます。

『バラード』第1番解説

成立

『バラード』第1番はショパンが20代の前半で作ったピアノの独奏曲です。ショパンは「バラード」を4曲書いているのですが、そのうちでもこの第1番は最初のものとなります。

ちなみに、ピアノのような器楽曲に「バラード」という表題をつけたのはショパンが最初なので、この曲はショパンのみならず、器楽曲全体の中でも最初のバラードとなるわけです。

ちなみに、ショパン以外での有名なバラードには、リストのピアノ独奏による『バラード』(第1番・第2番)、ブラームスのピアノ独奏による『バラード』などがあります。

リスト
ブラームス

「バラード」とは?

バラードとはラテン語の「バラーレ(ballare)」に由来する言葉で、「踊る」という意味になります。もともとは舞踏用の伴奏用の曲だったと言われていますが、次第に叙事的な詩を意味するようになりました。

器楽曲のバラードは特に形式があるわけでもなく、器楽によって自由に構想され物語が展開、悲劇的・破滅的に終わる傾向があるのが特徴となっています。

ちなみに、音楽の世界では「バラード」は、ゆったりとしたテンポ、静かな曲、美しいメロディで感傷的な歌詞のものを主に指すことが多いです。

シューマンのお気に入り

ショパンの『バラード』第1番は、ポーランドの詩人、アダム・ミツキェヴィチのバラッドにインスピレーションを得たと言われていますが、詩と曲に明確な関係性は見られません。

ソナタ形式が自由に変形されており、音楽の展開には起承転結も見られる。ピアノの鍵盤をいっぱいに使い、劇的なパッセージで幕を閉じるこのバラードは、シューマンがショパンの中で最も気に入っていた曲と言われています。

シューマン

参考文献

この記事は『366日の西洋音楽』(久保田慶一監修)を参考にしています。

音楽の知識がなくても気軽に学べる本となっています。興味のある方は是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です