フランス語初級文法①〜être動詞の現在形と主語人称代名詞を解説

はじめに

今回はフランス語の主語人称代名詞、そして、be動詞にあたるêtre動詞の現在形を解説していきます。

フランス語は発音のつながりを始めとして、挫折するポイントが多いですが、あまり気にせずどんどん読み進めていって下さい。

主語人称代名詞とêtre動詞

①「私は」

フランス語で「私は」はje です。発音は「ジュ」。そして、これに用いるêtre動詞はsuisとなります。こちらの発音は「スュイ」。

Je suis Japonais. 私は日本人です。

発音は「ジュ スュイ ジャポネ」となります。

②「君は」

フランス語で「君は」はtuです。発音は「トゥ」。これに用いるêtre動詞はesです。発音は「エ」。

Tu es Anglais? 君はイギリス人?

発音は「トゥ エ アングレ(⤴)?」となります。

ここで注意が必要なのは、同じ二人称単数でも、「君」と気軽に呼びかけるのと、「あなた」と敬称を用いるのでは、使う代名詞が変わってくることです。

③「あなたは」

「君」に対して、敬称の二人称単数の「あなた」はvousとなります。発音は「ヴー」。そして、vousに使うêtre動詞はêtes(エット)になります。

ただ、vous とêtesは発音がつながり、vous êtes「ヴーゼット」と発音されるのでここも要注意です。

Vous êtes professeur. あなたは教授です。

発音は「ヴーゼット プロフェスール」。

④「彼は」

「彼は」はフランス語でil。発音は「イル」です。そして、これに使われるêtre動詞はest。発音は「エ」。

ただ、ここでも敬称のvousと同じように発音がつながり、il est で「イレ」と読むので注意が必要です。

Il est ingénieur. 彼はエンジニアです。

発音は「イレ アンジェニウール」となります。

⑤「彼女は」

「彼女は」はフランス語でElle。発音は「エル」です。Elleに使われるêtre動詞はIlと同じest。

ただ、ここでもElleとestの発音が繋がって発音するときは「エレ」となるので注意が必要です。

Elle est secrétaire. 彼女は秘書です。

発音は「エレ スクレテール」となります。

⑥「私たちは」

フランス語で「私たちは」はnous。発音は「ヌー」。そして、これに対して用いられるêtre動詞はsommes。こちらの発音は「ソム」となります。

Nous sommes à Paris. 私達はパリにいます。

発音は「ヌー ソムザ パリ」となります。sommesと位置を示す前置詞のàが発音する際につながります。

⑦「君たちは」「あなたたちは」

フランス語で「君たちは」「あなたたちは」は、「あなたは」の敬称と同じvousとなり、être動詞も同じくêtesとなります。発音も同じように「ヴー」と「エット」、発音がつながり「ヴーゼット」となります。

Vous êtes Anglais ?  あなたたちはイギリス人ですか?

発音は「ヴーゼットアングレ(⤴)?」となります。

⑧「彼らは」

「彼らは」はフランス語で「Ils」 となります。発音は「イル」。使用されるÊtre動詞はsont。発音は「ソン」です。

Ils sont dans le jardin. 彼らは庭にいます。

発音は「イル ソン ダン ル ジャルダン」となります。

⑨「彼女たちは」

「彼女たちは」は「Elles」となります。発音は「エル」。使用されるÊtre動詞はsontです。

Elles sont petites. 彼女たちは小柄だ。

発音は「エル ソン プティット」。

おわりに

いかがでしょうか。今回はフランス語の主語人称代名詞、Être動詞の現在形について解説をしました。次回はÊtre動詞の現在形を使った疑問文・否定文を解説していきます。

この記事は『CD付 ゼロから始めるフランス語』(猪狩廣志)を参考にしています。ゼロからフランス語を独学で学びたい人にオススメの本となっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です