百人一首No76『わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの』解説〜作者は、意味は、品詞分解、枕詞

はじめに

今回は百人一首No76『わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの雲居にまがふ沖つ白波』を解説していきます。

『わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの雲居にまがふ沖つ白波』解説

作者は?

この歌の作者は法性寺入道前関白太政大臣(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)(1097〜1164)。藤原忠道(ただみち)です。

鳥羽天皇から四代にわたって摂政関白を歴任し、保元の乱では後白河天皇側に付き、崇徳上皇側に勝利しました。

意味は?

『わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの雲居にまがふ沖つ白波』の意味・現代語訳は以下のようになります。

「大海原に舟を漕ぎ出して眺め渡すと、雲と見まがうばかりに沖の白波がたっていることだ」

品詞分解は?

①わたの原

わたの原…名詞、大海原のことです

②漕ぎ出でて見れば

漕ぎ出で…ダ行下二段活用の連用形

て…接続助詞

見れ…マ行上一段活用の已然形

ば…接続助詞

③ひさかたの

ひさかたの…「雲居」にかかる枕詞

④雲居にまがふ

雲居…名詞、雲のいるところ、つまり空、ここでは雲そのものを指します

に…格助詞

まがふ…ハ行四段活用の連体形

⑤沖つ白波

沖…名詞

つ…格助詞

白波…名詞、体言止め

枕詞は?

「ひさかたの」が「雲居」にかかる枕詞となっています。ほかにも、天・空・月・光などにかかることもあります。

参考文献

この記事は『シグマベスト 原色百人一首』(鈴木日出夫・山口慎一・依田泰)を参考にしています。

百人一首の現代語訳、品詞分解も載っています。勉強のお供に是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です